u


2020年5月15日朝6時30分ごろの富士山頂 









コーヒーが冷めないうちに更新します。
       ・・・お楽しみに・・・









富士市今朝の天気 
天気は西から・・・
通常約2時間
後が
東京の天気と
考えてだいたい当たります。



月14日







今朝は

今朝の気温は
21度
最高気温予想
(静岡)
27度
富士山頂
4.2度



今朝
新型コロナウイルス
感染者
1298万4811人
死亡者は
57万375人


一方
日本では
新たに261人
累計で
2万2965人
死亡者は
997人
です


死亡者は
アメリカ13万を越え
イギリス
4万人越え
イタリア・メキシコ
3万人越え
フランス・スペイン
メキシコ
3万人越え
ブラジル
7万人越え


WHOは
各国の
パンデミックへの
対応不足を
警告

感染者は
今も
増え続けています

今日は
予報は大雨
滝のような
雨が降る
可能性も
あるようです

身の安全を
維持するのに
何が必要か
問題提起が
多すぎます

一番大切なのは
緊張感
かも
知れません





歳時記



静岡では
各地に新茶が
贈られる季節です

お茶の薀蓄
続きです


1870年代には
オランダも
インドネシアにおいて
本格的な
プランテーションを開発し
自国の消費と
貿易の商材としたため
インドネシアが
インド・スリランカ・ケニア
とともに
世界有数の
紅茶生産国となりました

そして紅茶の生産は
第二次世界大戦後
アフリカ諸国
ケニア・マラウイ
南ア共和国などに
広がっていきます

ロシアには
16世紀後半ころから
モンゴル経由で
喫茶の習慣が
伝わったとされ
1689年の
ネルチンスク条約で
対中国交易開始以降
団茶が貴族階級で
飲まれるようになりました

その後の1847年に
ロシアで
茶栽培が開始され
1930年代には
グルジアで本格化し
1985年には
年産15トン
(緑茶が4割)を
誇りましたが
チェルノブイリ原発事故以降
すっかり
すたれてしまいました

しかし1993年には
2万トンとなり
世界の紅茶相場に
大きな影響を
及ぼしています


アメリカ大陸は
もともと
オランダ植民地だったため
上流階級では
お茶を飲む
習慣がありました

その後
イギリスの
植民地になってからも
その習慣は続きました

18世紀後半
イギリスは財政窮乏の末
アメリカ植民地に対する
関税・直接税を
強化したため
植民地住民は
イギリス製品を
ボイコットします

イギリスは
その報復として
お茶への課税を始めました

その結果
植民地での
お茶の消費量は激減し
本国では
在庫過多になります

すると今度は
在庫のお茶を
無課税で
アメリカ植民地に
押し付けるために
お茶の在庫を積み込んだ
4隻の船が
ボストン港へ向かいました

1773年12月16日
このデタラメな
税政策に怒った
住民の一団が
船のお茶をすべて
海中投棄するという
「ボストンティーパーティー事件」
が起こります

その後も
イギリスの弾圧と
植民地の反発が
エスカレートし
1775年の
独立戦争へと
発展したのです

さて単にお茶といっても
歴史はすごいですね

世界的にみて
「お茶」の呼び名は
「チャ」に由来するものと
「テー」に由来するものの
2つに大別できます

現在「茶(チャ)」を意味する
世界各国の言葉は
中国広東語系の「チャ」と
福建語の「テー」の
2つの系譜に分けるのが
一般的です

この違いは
陸路を通じて伝播したか
海路を通じて伝播したかの
違いであると
いわれています


陸路伝播型
広東語系の「チャ」は
陸路を経て
北方へは北京
日本・モンゴルへ
西方へは
チベット・ベンガル
インド・中近東からトルコへ
またロシアへは
モンゴルを経由して
伝わったといわれています

ちなみにポルトガルでは
当時 広東(マカオ)を
統治していた影響から
“cha(チャ)”と
呼ばれています


海路伝播型
欧米へのお茶の
商業的伝播は
17世紀後半に
福建からインドネシアの
港を経由して
オランダへ渡るルートが最初

そこから西欧
北欧諸国に広がったため
ヨーロッパの多くの国では
「テ」
「テー」といった
福建語が由来となり
お茶の呼称になったと
いわれています






今日のスポーツ紙



アナハイム
(米カリフォルニア州)
12日
(日本時間13日)

米大リーグ
エンゼルスの
大谷翔平投手(26)が
紅白戦に
「3番・DH」で出場し
“今季初本塁打”
となる
2ランを放つなど
3打数2安打2打点

訴えていた
腰の張りも
順調に回復し
13日(同14日)には
投手として
術後2度目の
実戦マウンドに上がる



 大谷に
待望の一発が
飛び出した

エンゼルスの
開幕投手に
決まっている
29歳の左腕
ヒーニーと対戦し
1打席目は左飛

2打席目に
右前打を放って
迎えた
3打席目だ

 2死一塁の場面で
1ボールからの
2球目を捉えた
打球は
エンゼルスタジアムの
バックスクリーン左にある
岩を模した
オブジェに向かって
伸びた

中堅手
トラウトが
フェンス際で
ジャンプし
懸命に伸ばした
グラブも
届かなかった

 大谷にとっては
今季初本塁打

中断前の
オープン戦で
不振に陥り
19打数2安打
11三振
打率・105

練習でも
満足のいく打球が
打てず
「品のある打球ではない」

嘆いたこともあったが
キャンプ再開後の
紅白戦は
これで
7打数3安打
1本塁打となった

 復調を裏付ける
兆候が
みられるようになった

大谷は
「打球方向や
打球の角度
小さいときから
やってきて
一番
力の出やすい
軌道がある」
と話していた

その軌道が
この日のような
中堅から
左中間であり
飛距離の出る方向へ
打球が飛び始めた

角度を
つけられるようになった
点でも
状態が
上向いていることが
分かる

 キャンプ再開後の
実戦初登板だった
7日(同8日)の
投球後に
腰の張りを訴えたが
前日11日(同12日)に
ブルペン入り

この日も
紅白戦の前に
遠投などで
調整した

 マドン監督は
「いつもの状態に戻った
きのうも
とても感じは良かった
自信も感じられた」
と安堵

そして
13日(同14日)の
紅白戦に
中5日で
登板させることを
明言した

 チームは
24日(同25日)に
開幕戦
対アスレチックス
オークランド
を迎える

大谷はDHで
開幕を迎え
26日(同27日)の
3戦目で
先発登板する
見込み

投打の二刀流で
再び
全米を
熱狂させる





(14日朝6:30の富士市)




































































































トップ

ページへ


















2020年1月1日狐ヶ崎にて


2020年お正月の富士山



↑ベトナムの風景↓





夏・朝焼けの富士


2020年7月14日




内閣府発表の
南海トラフ地震の
CG映像です

是非 アクセスしてみてください


・映像の視聴(内閣府 防災情報のページ) http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/nankai_syuto.html
映像データのダウンロード
(TEAM防災ジャパン ホームページ) https://bosaijapan.jp/library/nankai_shuto_movie/

















富士山「七変化」





2020年6月15日の富士山

2020年5月8日の富士山

2020年4月6日の富士山

2020年3月5日の富士山

2020年2月1日の富士山

2020年1月2日の富士山

2019年12月4日の富士山

2019年11月1日の富士山

2019年10月26日の富士山

2019年10月23日の富士山

2019年10月3日の富士山

2019年9月4日の富士山

2019年8月5日の富士山

2019年7月11日の富士山

2019年6月4日の富士山

2019年5月8日の富士山

2019年4月1日の富士山

2019年3月8日の富士山

2019年2月8日の富士山

2019年1月1日の富士山

2018年12月14日の富士山

2018年11月16日の富士山

2018年10月22日の富士山

2018年10月15日の富士山

2018年10月1日の富士山

2018年9月6日の富士山

2018年8月8日の富士山

2018年7月2日の富士山

2018年6月19日の富士山

2018年6月1日の富士山

2018年5月21日の富士山

2018年5月11日の富士山

2018年5月1日の富士山

2018年4月9日の富士山

2018年3月2日の富士山

2018年2月5日の富士山

2018年1月24日の富士山

2018年1月11日の富士山

2018年1月1日の富士山

2017年12月25日の富士山

2017年12月18日の富士山

2017年12月1日の富士山

2017年11月24日の富士山

2017年11月21日の富士山

2017年11月15日の富士山

2017年11月9日の富士山

2017年11月2日の富士山

2017年10月26日の富士山

2017年10月18日の富士山

2017年9月29日の富士山

2017年9月1日の富士山

2017年8月23日の富士山

2017年8月9日の富士山

2017年8月2日の富士山

2017年7月19日の富士山

2017年6月2日の富士山

2017年5月24日の富士山

2017年5月8日の富士山

2017年4月4日の富士山

2017年3月3日の富士山

2017年2月14日の富士山

2017年2月2日の富士山

2017年1月11日の富士山

2017年1月1日の富士山

2016年12月20日の富士山

2016年12月16日の富士山

2016年12月2日の富士山

2016年11月17日の富士山

2016年11月10日の富士山

2016年10月31日の富士山

2016年10月6日の富士山

2016年9月27日の富士山

2016年9月6日の富士山

2016年8月20日の富士山

2016年8月1日の富士山

2016年7月29日の富士山

2016年7月4日の富士山

2016年6月2日の富士山

2016年5月12日の富士山

2016年5月6日の富士山

2016年4月1日の富士山

2016年3月1日の富士山

2016年2月5日の富士山

2016年1月19日の富士山

2016年1月18日の富士山

2016年1月13日の富士山

2016年1月5日の富士山

2015年12月1日の富士山

2015年11月27日の富士山

2015年11月16日の富士山

2015年10月13日の富士山

2015年9月10日の富士山頂

2015年8月7日の富士山頂

2015年7月14日の富士山頂

2015年6月4日の富士山頂

2015年5月1日の富士山頂

2015年4月30日の富士山頂

2015年3月2日の富士山頂

2015年2月2日の富士山頂

2015年1月8日の富士山頂

2015年1月1日の富士山頂

2014年12月2日の富士山頂

2014年11月19日の富士山頂

2014年11月4日の富士山頂

2014年10月7日の富士山頂

2014年10月8日の富士山頂

2014年9月9日の富士山頂

2014年8月19日の富士山頂

2014年6月9日の富士山頂

2014年5月22日の富士山頂

2014年4月7日の富士山頂

2014年3月6日の富士山頂

2014年2月3日の富士山頂

2014年1月21日の富士山頂

2014年1月10日の富士山頂

2014年1月8日の富士山頂
























































































































































パクト、ナット,ネジ,一体化,アッセンブリー,池田ネジ,池田ネジ商会,富士山,メガソーラー,太陽電池,パネル,ジオメット,ラスパート,ソーラー発電,早い,簡単,施工,ソーラー、軸組、ボルト 、パクトナット